男女のスタッフ

スズメバチ駆除は業者に任せる|害虫を退治してくれる!

危険な害虫

悩む女性

蜂の種類の中には、キイロスズメバチといった仲間がいます。この蜂の体色としては、オレンジと黒で、黄色の毛や斑紋が多いといえます。スズメバチとは違い少し小さめの蜂ではありますが、巣としては大きなものを作ります。一番大きな巣としては直径が1メートル以上のものを作ることがあります。また、キイロスズメバチが活動を行う時期としては、4月からになります。11月くらいになると交尾をはじめ女王蜂は冬眠に入ります。働き蜂は寒さと共に死んでいくため、冬の時期にはキイロスズメバチが飛び交うことはありません。近年ではキイロスズメバチなどによる被害が多発しています。威嚇性や攻撃性が強く、人間や他の生物が近づくと刺されてしまいます。また、飲み残したジュースや空き缶があるとそこに集まる習性があります。そのため、被害があうことがあります。キイロスズメバチの巣を発見した際は、自分で駆除を行うことは可能です。しかし、知識がないと自分で行うのは大変危険です。防御服を着用して駆除をしていても、しっかり対策していないと肌が見える隙間に攻撃されてしまうことがあります。また、巣が大きいとそれなりに数も多くいますし、スプレーをかけることで一斉にキイロスズメバチが出てきます。そのため、噴射を途中で辞めることで、大群に攻撃を受けてしまうことがあります。そういった危険がないように、キイロスズメバチを駆除に対応している業者に任せた方が良いでしょう。